シングルマザーが家を買うことのメリット

住宅を購入することで、資産として様々なケースに活用できるようになります

「持ち家」を活用できることは何より強みになります。

持ち家はご自分とご家族を守ってくれる大切な資産です。残すことももちろん良いことですが、活用することで、「買っていて良かった」と思える日が必ず来る事をお伝えしたいと思います。

住宅を購入する際は持ち家の「資産性」を活かし、最初から「売却する」ことも念頭に置かれるといいでしょう。せっかく働いたお金で購入する不動産を手放すことなど、今は考えられないかもしれませんが、いずれ非常に頼りになる日が来るかもしれません。人生における「保険」として、住宅は非常に大きな資産となります。これから、活用例をご紹介しますので、ぜひ覚えておかれることをオススメします。

お子様の独立後に売却し、それを元手に一人用サイズの物件へお引越しする

たとえば、お子様が独立された後、お一人で住むにはお部屋が広すぎると思われる日が来るかもしれません。その場合は、ご自宅を売却し、そのお金を元手にお一人用の物件へ移るのも良いかと思います。

売却することによって、お一人暮らし用の適切なサイズの家へ引っ越すことが出来、住宅ローンをぐっと圧縮することが出来ます。

ご存知ない方も多いのですが、住宅ローンを返済中でも、「家を売る」ことは可能です。その売却価格でローンの残債が相殺できるのであれば、まったく問題ありません。

独立後、お一人用物件に買い換えることでメンテナンスの煩わしさからも解放されます

将来、お子様が独立されるタイミングで、親子の暮らしに重きを置いた間取りから、お一人用物件へ移ることで、メンテナンスの手間もぐっと減らす事ができます。

ご高齢の方にとって、広すぎる家は、掃除の手間やメンテナンス費用が負担になり、ストレスを抱えている方も多くいらっしゃいます。また、その煩わしさがキッカケでご売却されている方も少なくありません。

「せっかく購入したのだから、手放したくない!」と頑なになるよりも、将来、お一人で暮らす可能性を考えると、「買い替え」という選択肢もぜひ前向きに考えていただきたいと思います。

万が一、大きな病気になった場合の備えになる

将来的に大きな病気になる可能性を誰もが抱えています。その時、治療費に十分な蓄えがない場合は、お子様に頼るしかありません。

しかし、お子様の人生設計にも関わる問題になります。お母様としては、お子様に負担を強いるのは、本望ではないのではないでしょうか。

将来、治療費・医療費・介護費用など、健康面で大きなお金が必要になった場合は、自宅を売却することによって、長期入院や介護施設への入居が可能になるケースもあります。
お子様に負担を背負ってもらうよりも、その方がお互いに心の負担も軽くなり、治療に専念することが可能です。

資産としてお子様に継承できる

お子様への資産として残されることもはやり、大きなメリットです。今はピンと来ないかもしれませんが、お体が元気なうちに相続の準備も済ませておかれることをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ