一戸建て購入後の維持費も考慮して価格を決めましょう

一戸建てを購入すると、将来的にメンテナンス費用が発生することをお忘れなく。たとえば、以下の様な面において、維持費が発生します。

一戸建て購入後に発生する可能性がある維持費

  • 瓦部分の点検
  • 外壁工事(塗装・雨漏り対策など)
  • 給湯器の交換(壊れると交換するケースが多く、30万~50万ほどかかるようです)
  • 畳・ふすまなどの交換
  • 壁紙の補修
  • ガス設備のメンテナンス
  • 網戸・サッシのメンテナンス
  • 基礎点検
  • バルコニーの防水

などがあります。もちろん、すべてを行う必要はありませんが、それでも安全面を考慮し、必ずメンテナンスした方が良いものも多くあります。

ご近所への損害に対する備えもお忘れなく

また、お住まいの方だけの問題ではなく、ご近所の方へ影響が出るものもあります。たとえば、屋根の瓦が自然災害で飛んでしまい、それが理由で怪我を負わせてしまう、あるいはご近所のお宅に損害を与えてしまった場合は、賠償金を用意しなければいけなくなる可能性も。

ご近所関係は円満である事が一番ですので、お金がかかるからと言って、メンテナンスを怠ると、その後の人生へ影響してしまう可能性もありますので、十分に注意しておきましょう。

大体の目安ですが、住宅ローンのほかに、毎月1~2万円ずつ積み立てておくと、メンテナンスに対応できる金額が用意出来るようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ